BL初心者のまるあが、主に借りて!時に立ち読み!時に身銭を切って!BLを読みふける期間限定ブログ。
BLの話しかしないので苦手な方は速やかにご退出願います。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< プライべート・ジムナスティックス 全3巻 (藤たまき) | main | くいもの処明楽 (ヤマシタトモコ) >>
魚住くんシリーズ 全5巻 (榎田尤利)

 ネット上の某所で知り合ったDさんに
なにかの拍子に教わった“榎田尤利”という名前。
聞けばDさんは大ファンだそうで…

そんなにファンなの? 読んでみようかな。
ところで“榎田尤利”は「エノキダ…なんて読むの?」と質問したら
エダ・ユウリだよ」とやんわり訂正されたのはいい思い出です。
まさか苗字も読めていないとは我ながら予想外!

【読んだ時期:たぶん2006か2007年】

エダさん初心者にはこれがオススメ! とDさんに紹介してもらった
魚住くんシリーズ。
…初心者にいきなりシリーズをオススメするDさんに笑いました。
シリーズ全5巻。
馴染みのない出版社から発行されていたので探すのに若干手間取りました。

とりあえず1巻を購入。
あらすじをちらりと読むと意味がよくわからない…
これ、もしかしてHOMOの話?! ←当時“BL”という単語に馴染みがなかった。

Dさん曰く「(私が)BL読んでる人だと思った」と。
うーん。そうなんですか? そりゃあ勘違いさせてスンマセン…
あいにくあんまり読まないんですよ。
ついでに言うと“BL”という言葉も割と最近知ったんですよ。

そんなわけで紹介されてからしばらく手をつけなかったんですが
何かの雑誌のBL特集で、この魚住くんシリーズが
初心者にも安心して勧められる名作
として紹介されていたんです。

あら。誉められている。
いや、Dさんを疑っていたわけではないんですけどねー。
なんか雑誌で言われると重みが違うじゃないですか。

そのまま書店へ行ってみると
うわ! 1巻を買ったときには2・3冊ずつあったストックが
全部1冊になってる!
雑誌の影響?
なんだか慌ててしまって、イキオイで残りの4冊も購入。

それでやっと読んだわけですが、たしかに面白かったです。
初心者向けかどうかは私にはわかりませんが。

不幸気質で不幸に慣れきってしまっている男・魚住
諦めることも身についてしまって、どこかぼんやり薄〜く生きている日々。
傷つきやすいくせに防御の方法を知らない彼が唯一心を許せるのは
大学時代からの友人でガサツな男・久留米。

この二人が徐々にお互いが友情以外の気持ちを抱えていることに気づき
ゆっくりと理解を深めていく様子は、確かに初心者向きかもしれません。

それに今から考えると設定が普通なので馴染みやすかった。
いや、割と職業や環境が特殊なことが多いような気がするんですよね、BLの世界って。

あと、キャラが際立っているので非常に読みやすい。
文章も上手だし(←プロに向かってなにを言うか)
ときおり、ひょこっと名言があったりするのが良かったです。
…今、手元に本がないので具体例を挙げられないのですが。

イラストも物語に合った職人っぽい(ってどんな?)
あっさりした感じでステキでした。

それはさておき“魚住”っていうと
私はどうしても某バスケマンガの
主人公のライバル校のキャプテンを思い出してしまうのですが…(苦笑)


ちなみにシリーズのタイトルは以下の通り。

1 夏の塩
2 プラスチックとふたつのキス
3 メッセージ
4 過敏症
5 リムレスの空

スポンサーサイト
私はDさんのお友達に、このシリーズを大プッシュされた。
あの人達は出版社の回し者か?(笑)
でもこのシリーズは読み応えがあって、
確かに面白かった。
「メッセージ」は泣けたなぁ。

私は榎田さんはこの魚住が初読みだったので、
この後何作か読んだのですが……
魚住以上にビビッとくる作品には出会えなかったデス。

ちなみに長らく絶版していたこのシリーズ。
今年、復刊されることが決定したそうですよ。
ふじふじ | 2009/02/09 23:12
▼ふじふじさん

>あの人達は出版社の回し者か?(笑)
いやきっとエダさんの回し者だ(爆)

>魚住以上にビビッとくる作品には出会えなかったデス。
え、そうなんだ!
さすが、薦めてくるだけあるな、Dさん。

それにしても絶版だったんですか?!
私はけっこう簡単に見つけましたけど…
買ったあとに絶版されたのかな?
名作って言われているんだからもっと大切にしないと!
まるあ | 2009/02/10 21:21
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK