BL初心者のまるあが、主に借りて!時に立ち読み!時に身銭を切って!BLを読みふける期間限定ブログ。
BLの話しかしないので苦手な方は速やかにご退出願います。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

見えない星 (京山あつき)
 

【読んだ時期:2008年】

 

『聞こえない声』の続編。

 

あいかわらず引田に対する愛が溢れっぱなしの今井さん。

そのおかげで幸せを感じる引田が

満たされたり、ヤキモチをやいたり忙しい。

でも引田を好きすぎる今井さんのストレートな言動が深刻にはならないのだ。

おお! 愛が通じてますよ! 育ってますよ!

よかったね、今井さん。君は偉大だ。

しかし髪は伸ばさない方がいいと思うぞ。

 

あ、前巻よりも野球に関するシーンが多くて嬉しかったです。

試合もあったし。

…あれは実際にありそうな試合終了で悲しかったですよ。

 

そして点目がますますパワーアップの引田。

点目は口ほどにものを言う  by川原泉

聞こえない声 (京山あつき)
評価:
京山 あつき
大洋図書
¥ 630
(2006-11-01)

 

【読んだ時期:たぶん2008年、もしかしたら2007年】

 

これはブック○フで有効期限が迫ったポイントを活用すべく

物色していたときに表紙をみかけて

「珍しい! 少女マンガで野球!」と勘違いして買ったマンガ。

 

少女マンガではなかったし、野球もしなかった、という衝撃(笑)

 

作中でやたら怖い顔と評されていた引田くんの顔。

私は別に怖くはないと思いますけどねぇ。

特に点目が多用される後半にかけてはカワイイと思いますよ。

この程度の顔にダメ出しするようでは少年マンガは読めないのだ。

 

タイトルの『聞こえない声』というのは引田の先輩・今井さんの心の声。

その内容は…聞こえなくてヨカッタよ。

ちょっとヘンタイ入ってますけど! しっかりして今井さん!!

 

そんな切ない思いを抱えた今井さんの理性を壊してしまう

カワイイ引田の魔性(?)炸裂のお話。なのかな?