BL初心者のまるあが、主に借りて!時に立ち読み!時に身銭を切って!BLを読みふける期間限定ブログ。
BLの話しかしないので苦手な方は速やかにご退出願います。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

プライべート・ジムナスティックス 全3巻 (藤たまき)

記事がないと閑散としていて淋しいので
過去に読んだものをちょこちょこ更新していきます。
記憶にある限り読んだ順に。

【読んだ時期:おそらく2006年】

これはネット上の某所で通りすがりの方から
「フィギュアスケート漫画」で「キレイで切ない名作」と
猛烈プッシュして紹介された作品。
フィギュアスケート好きなもんで「そうですか!」と飛びついて読んだら…

ええと、「キレイで切ない名作」は
フィギュアスケート以外の部分にかかっている言葉だったんですね。

今から考えると
この作品が私のBL概念のすべてを方向づけたといえる
…ような気がします。

なにしろ主人公がめちゃくちゃ悩む。
くっつく前から悩み、くっついてからも悩む。
挙げ句、別れてしまい…
理解を得にくい関係を後ろめたく思う主人公、それをどう解決するのか?!

まさかこういう結末になるとは思いませんでした。

たぶん、常にこの物語が頭にあるから
なんで悩まないの? とか
それで終わりなの? とか
それじゃ不完全燃焼! とか思ってしまうのでしょう。

確かに「キレイで切ない名作」なのでした。